アルコール依存症

有名サイトのご紹介

アルコール依存症(アル中)の治療にあたって

アルコール依存症(アル中)は疾患であり、不安なことなどからアルコールに現実逃避することですが、これも薬物依存症に分けられます。

 

お酒が飲みたい衝動に1日中駆られて、飲酒していないと身体面においても精神面においても不安定になってしまうのです。

 

重症化してしまうと禁断症状が出てきて、お酒を手にするためには手段を選ばず暴力に物を言わせる人も珍しくないのです。アルコール依存症(アル中)が手強いのは、お酒を飲んだところで落ち着いた状態に変わらないことです。

 

摂生しながら飲むという力が失われてしまうため、べろべろになるくらいひたすら飲み、周囲に迷惑をかけてしまいます。酔いが醒めるとこのことを酷く気にしてしまい、それがまた飲酒に繋がるという悪循環に陥ってしまうようです。

 

他の薬物同様、アルコール依存症(アル中)でも禁断症状が起こり、見えないものが見えたり変な声が聞えて苦しむ人も少なくありません。その不安を取り除くために、またしてもお酒を飲むという同じ状況を作ります。

 

こうしたことを招いてしまうと、飲酒を辞めることを自分の力でやることが難しくなります。アルコール依存症(アル中)の難しいところは、自分が依存しているということを認めることができないことにあります。

 

アルコールを摂りたいから飲んでいると思い込んでいるので、まさか自分が依存症だなどとは考えられないのです。本人が依存症ということを理解しないと治療することができないのです。

 

当事者にアルコール依存症(アル中)の症状が出ていると認めさせることが治療のスタート地点になります。依存症により自身の身体にどういう異変があるのか、他の人が自分の依存症にどれほど影響を受けているのかを知っておかなければなりません。

 

 

 

治療は大変なの?

アルコール依存症(アル中)については、治療に向かうまでがとても大変だと言われています。
これは周りにいる人がいくら治療したほうがいいと提案しても、アルコール依存症(アル中)であると本人が自覚していないためです。
楽しみで飲酒をしているだけなのに、なぜ治療を勧められるのか本人が納得できないのです。
アルコール依存症(アル中)なのかもと、疑っている人なら多少は救いがありますが、多くの人は1ミリも理解していません。
ですが、自分で判断できなくても周りにいる人が、日々の様子から認識することができます。
代表的なものとして、ひとたびアルコールを摂取すれば、朝まで飲んでいないと落ち着かない・飲酒することで仕事に差し支える・家族や周囲の人に厄介な思いをさせているなどがあります、それから、飲んでいた時の記憶を失っていたり、酒癖に関して不評を買っているなどのこともアルコール依存症(アル中)かどうかの判断材料になります。
これらの3項目以上が当てはまる人は依存症を疑う必要がありますし、3つに満たなくても依存症を招く恐れがあると認識しておく必要があります。
飲酒時の記憶が抜け落ちている人には、どのくらい周囲の人の手を煩わせているのかを認識させなければなりません。
アルコールのせいで自らの人格が元の状態とはかけ離れてしまうということを自覚させるのです。
また、他人に及ぼす影響だけでなく、依存症によって自分の身体が他の病気になる恐れがあることを把握させましょう。
なお、この病気の種類によっては自分の寿命を短くする恐れもあるので、その危険性がしっかりと本人に伝わるように説明することが大事なのです。
アルコール依存症(アル中)を解決するためには、本人と身近にいる人が適切な知識をシェアすることが必要です。

 

 

なぜ治療しないといけない?

アルコール依存症(アル中)に罹ってしまうと、自分の力でお酒を控えることができにくくなります。
つまり、満足するまで飲んで止めるということはなく、我を忘れるまでずっと飲むことになります。
たくさんのアルコールを摂取するのを続けた人の脳内においては、大きく変容していきます。
アルコール性脳症にかかると、記憶障害・意識障害・妄想状態などの状況になってしまうことになります。
こういったものは、アルコールを過剰摂取したために脳に害が及ぶことによって引き起こされる症状です。
この症状の中で難しいのが妄想状態で、この問題は治療している最中にアルコールを抜くことが発端となり生じるもので、かなり安定感のない精神状態になります。
お酒が飲めないことで苛立ったり、指先に震えが生じるなどの状態にもなります。
嫉妬妄想や被害妄想が悪くなり、それに耐えられなくなって再びお酒に逃げる人も少なくありません。
しかしながら、アルコール依存症(アル中)の治療を上手くやるためには、この難題をクリアすることが欠かせません。
こうした精神状態は禁断症状であったり離脱症状と称され、アルコール依存症(アル中)を患った人全てが陥る状態であると知っておきましょう。
こういった精神状態が長引くことは、当事者は言うまでもなくその近くの人たちにとっても不幸なことです。
依存症患者のことを本当に気に掛けている人を傷つけるトラブルも少なくありませんし、大変な騒動となった例も多く耳にします。
こういった形で深刻化するまでに、アルコール依存症(アル中)を解消するための治療を始めることが大切です。
重症化する前に治療をすれば、アルコールが肝臓にもたらす負担も少なくて済みます。
肝臓にまつわる病気は最悪の場合死亡に至ることもある切実なもののため、早いうちに依存症の治療に取り組んで、命をなくさないようにすることが重要です。

 

 

アルコール依存症(アル中)になりやすい人って?

アルコール依存症(アル中)に陥りやすい性格の人がいると言われていますが、体質もかなり結び付きがあります。
アルコール依存症(アル中)というのは、心が弱々しい人がなる病気だと捉えられています。
ですが、必ずしもそうではなく、アルコールを飲んでも悪酔いしないと考えている人が実はなりやすかったりしています。
例として、二日酔いになったことがなくて常にお酒を楽しい気持ちで飲むことができていると感じている人などが患いやすいのです。
このような人とは違い、二日酔いの辛さをよく知っている人や、酔っ払いすぎて迷惑をかけてしまい、それを反省している人は依存症になりにくいのです。
アルコール依存症(アル中)という病気で苦労する点といえば、自分がお酒をエンジョイしていると決め付けている人に依存症ということを認識してもらうことです。
楽しいお酒だと思っているのは本人だけで、実のところそばにいる人々の手を煩わせていることに気付いていないのです。
自分ではお酒が強く、ひどく酔っ払うことなどないと疑わない人に限ってアルコール依存症(アル中)に陥るリスクが高くなっているのです。
精神的に脆いことで依存症を患うわけではありませんが、治療する時にそれが裏目に出てしまうことがあります。
アルコール依存症(アル中)に打ち勝つには、断酒が必要です。
そんな時、少しくらいなら飲んでもいいのではないかと自分を甘やかす人は、依存症を克服できる見込みは薄くなります。
アルコールを摂取しない日々に耐えられず、繰り返してお酒に逃避する人もいますので、精神的なタフさは欠かせません。
精神を強くすることがお酒を断つ必要のある治療時に相当に重要な位置付けとなります。