女性の身体とアルコール依存症

有名サイトのご紹介

女性の身体とアルコール依存症

女性の身体というのはアルコールに強くないと広く伝えられていて、アルコール依存症に陥ると身体に深刻な害が及んでしまいます。

 

女性がアルコール依存症に陥りやすいと言われているその理由は、アルコールを分解することが体質的に向いていないせいです。

 

女性ホルモンのせいでアルコールの分解を妨害するからです。アルコール依存症を患った女性というのは、男性と比べると進行度が早く重度の状態になるのも早いと言われています。

 

男性より量の少ない飲酒で重度の依存症になってしまう状況もあり女性は気を付けなくてはいけません。キッチンドリンカーとは、家事の最中などに台所で飲酒をしてしまうアルコール依存症の名称で普通は女性に用いる言葉です。

 

料理を行っているときにキッチンにある料理に利用するお酒やワインが原因で、アルコール依存症が発生する例があります。味身に端を発しても、依存症を招くと料理と関連性がないお酒を口に含みながらキッチンに立つようになります。

 

妊娠時の女性がお酒を摂取するというのは危険な事態を招く可能性があり、産まれてくる赤ちゃんに発育や知能の障害などの悪影響を及ぼす危険があります。

 

ストレスが蓄積しやすい妊娠中だとしても、アルコールは摂取しないという心を保つことが第一です。

 

子どもが産まれてからのアルコール依存症も厄介なトラブルとなっています。母乳によって子育てをしているお母さんの場合はなおさら、母乳にアルコールが混在してしまうので飲酒をしてはいけません。

 

母乳はお母さんの血液から生成されるため、お酒を体内に入れてから授乳まで8時間は空けることが大事だといわれています。母乳をあげている母親が8時間もの長い時間、授乳を行えないのでは、母乳育児をすること自体に大きな影を落とします。

 

それと、飲酒することでのんだくれているようでは、健全な育児はできなくなってしまいます。自身の子どもを安全に成長させるために、妊娠及び育児の間はお酒を飲むのをやめましょう。