肝炎

有名サイトのご紹介

肝炎記事一覧

肝炎とは何か?

肝炎という言葉自体にはなじみがあるとしても、これが一体どのような疾患なのかいまいちよく知らないという人も、意外とけっこういるのではないでしょうか。まず、肝炎とは何かということから説明しますが、これはある原因により肝臓に炎症を生じ、発熱、黄疸、全身の倦怠感など様々な症状を引き起こす疾患の総称をいいます...

≫続きを読む

 

肝炎の種類

肝炎にはウイルス性、薬剤性、アルコール性、自己免疫性という分類があります。中には馴染みのない種類もあるかもしれませんが、ここでは簡単に特徴などを解説していきますので、個々の肝炎がどういうものなのかを押さえておくと良いでしょう。まずはじめにウイルス性肝炎についてですが、これは肝炎ウイルスが原因となり引...

≫続きを読む

 

肝炎の検査方法について

肝炎の検査方法について、どのような種類があるのか知りたいという人もいるでしょう。肝炎の検査方法は大きく分けると、血液を採取して成分をチェックする検査、超音波やCTなどを用いてチェックする画像診断、肝臓の細胞を採取してチェックする肝生検の3種類が挙げられます。まずはじめに血液検査についてですが、この方...

≫続きを読む

 

肝炎の治療方法について

肝炎の治療方法について、これから詳しく調べていこうという人は、その前に簡単に基本的なことを確認しておくと理解が早まるでしょう。まず前提として、肝炎には急性と慢性のものがあり、それぞれに症状がありますし、治療方法はひとつではありません。これらのうち、急性肝炎の場合の治療方法ですが、十分に安静にしている...

≫続きを読む

 

インターフェロンによる肝炎治療

肝炎の治療効果が期待できる方法として、インターフェロンによる薬物療法があります。インターフェロンは肝炎ウィルスが増加するのを抑制し、ウイルスの核酸も最後には壊すといわれています。ただ、インターフェロンは効果が出る人と出ない人がいて、肝炎の治療にこの方法を採用するには、定められた条件を満たさなくてはい...

≫続きを読む

 

エンテカビルやラミブジンによる肝炎治療

エンテカビルヤラミブジンというのは、抗ウイルス効果が望める経口薬であり、核酸アナログといわれています。B型肝炎ウイルスのDNA合成をブロックする働きをし、ウイルスが増えるのを抑えるのに強力な効果を発揮します。ちなみに、副作用が多いという指摘のある肝炎のインターフェロン療法と比べて、副作用が多くないと...

≫続きを読む

 

ステロイドによる肝炎治療

ステロイドによる肝炎治療をステロイドリバウンド療法といいます。これは、ステロイドを使うことにより一時的に体の免疫機能を下げ、このあといきなり使用をやめることで、人間に元々ある免疫力を一挙に活発にし、B型肝炎ウイルスに対抗する治療方法となります。ステロイドの種類に含まれるプレドニゾロンを使うと、免疫機...

≫続きを読む

 

グリチルリチン製剤による肝炎治療

肝炎の治療方法の一種として、グリチルリチン製剤を使用する方法を挙げることができます。グリチルリチン製剤による肝炎治療の目指すところは、肝炎が悪化してしまうのを抑制して、現状より肝細胞が壊されないようにすることです。連日のように注射を行うと、効き目があれば2週間くらいで肝機能の数値に低下が見られます。...

≫続きを読む

 

ウルソデオキシコール酸による肝炎治療

肝炎治療の方法は色々ありますが、中にはウルソデオキシコール酸による治療方法というものがあります。まず、このウルソデオキシコール酸についてですが、これは経口薬であり、科学的に漢方薬の熊胆の合成を行った胆汁酸製剤のことをいいます。熊胆はくまのいと読むのですが、これは昔から漢方医療において胃腸薬として使わ...

≫続きを読む

 

小柴胡湯による肝炎治療

肝炎の治療方法と一口にいっても様々な種類がありますが、そのうちのひとつとして小柴胡湯による治療方法を挙げることができます。小柴胡湯はしょうさいことうと読み、全部で7種類の生薬を処方した漢方薬のことをいいます。7種類の生薬というのは、柴胡、黄ごん、大棗、半夏、生姜、天草、人参のことを表し、それぞれさい...

≫続きを読む