エンテカビルやラミブジンによる肝炎治療

有名サイトのご紹介

エンテカビルやラミブジンによる肝炎治療

エンテカビルヤラミブジンというのは、抗ウイルス効果が望める経口薬であり、核酸アナログといわれています。B型肝炎ウイルスのDNA合成をブロックする働きをし、ウイルスが増えるのを抑えるのに強力な効果を発揮します。

 

ちなみに、副作用が多いという指摘のある肝炎のインターフェロン療法と比べて、副作用が多くないといわれています。副作用として多いのは、頭痛や倦怠感といった症状です。

 

他の副作用はあまりないといわれているものの、副作用により治療をストップする必要性が出てくるため、体がおかしいと感じたらただちに医師に伝えましょう。

 

それから、治療をストップしてから肝機能が悪くなるケースもあるため、自己判断で薬の使用を中止することなく、肝炎の治療が終わったあとも一定サイクルで検査を受けなくてはいけません。

 

また、長いあいだラミブジン治療を実施すると、ラミブジンの効果が出ないウイルスが発生し、良くなっていた肝機能値が再度悪くなる場合があります。

 

このようなときには、ラミブジン治療を継続すると共にアデホビル治療に着手するか、エンテカビル治療に切り替えることが考慮されます。

 

ちなみに、アデホビルもウイルスが増えるのを抑える抗ウイルス効果の望める経口薬です。また、エンテカビルの抗ウイルス効果は強く、ラミブジンを遥かに上回るとされています。

 

エンテカビルの効果が出ないウイルスもあまり発生せず、ラミブジンの効果が出ないウイルスにも有効といわれています。なお、エンテカビル、ラミブジンのいずれも、胎児に影響が及ぶことが危惧されているので、治療中は性別問わず避妊をしなくてはいけません。

 

D型肝炎について

D型肝炎というのは、B型のウイルスに寄生するD型肝炎ウイルスにより引き起こされる疾患となります。
日本国内における感染例は多くなく、どちらかというと国外において多発しているウイルス性肝炎といえるでしょう。
しかしながら、D型肝炎は全く無縁と認識するのは危険です。
というのも、D型肝炎の発症を許すと、B型肝炎が深刻な状態に陥るケースが多く、劇症肝炎の引き金になってしまったり、慢性化に至る可能性もあります。
感染のしかたについてですが、B型肝炎ウイルスと一緒に感染しますが、1〜6ヶ月の潜伏期間を経て発症するといわれています。
ちなみに、B型肝炎と同じように、成人している人が慢性肝炎に移行してしまうという例は相当に少数となっています。
また、D型肝炎ウイルスというのは、ウイルスとして完全ではないため、B型肝炎ウイルスと共存している状態でないと規模を拡大することができないといわれています。
D型肝炎の治療方法に関してですが、急性肝炎の場合、基本的な部分はD型とは別の種類と変わりません。
例としては、しっかりと安静にしたり、栄養管理を徹底することが欠かせないのです。
それから、D型肝炎の予防方法についてですが、ワクチンが良いと伝えられています。
なお、D型肝炎のワクチンではなく、B型肝炎のワクチンに予防効果が期待できるといわれています。
それと、B型肝炎免疫グロブリンを使用することにより、D型肝炎の感染を未然に防止する効果が望めるとされています。

E型肝炎について

E型肝炎は、E型肝炎ウイルスによって引き起こされる疾患となります。
15〜7週間の潜伏期間があるといわれていて、15〜40歳の人に多く引き起こされていると目されています。
小児であっても見舞われることはありますが、症状が見られるようになることはあまり多くないとされています。
E型肝炎はたびたび自然消失したり、自然治癒したりする疾患ですので、命に関わるリスクは高くありません。
ですが、一般的に数週間に及ぶ感染期間中においては、日常生活のいろいろな行動に関する能力が相当に低くなります。
また、E型肝炎は時として深刻な急性間疾患を招き、致命的な状態に陥るケースもあります。
この他、妊婦の場合は深刻化しやすく、劇症肝炎ないし肝不全を引き起こす恐れもあります。
とりわけ後期の妊婦の場合は、命を落としてしまう確率が避妊時より高まるといわれています。
多く認められる症状としては、食欲不振、嘔吐、発熱、肝腫大、腹痛などがありますが、度合いについては個人差があります。
これについて、日本国内においては病気はあるが症状を自覚していない場合が多いといわれていますが、激しい症状に襲われたケースもあるようです。
治療方法については、急性感染の場合は対症療法がとられる形となります。
また、E型肝炎の予防方法についてですが、今のところ効果を期待できるようなワクチンは存在していませんし、標準免疫グロブリンの効果についてもはっきりしたことは分かっていないようです。