グリチルリチン製剤による肝炎治療

有名サイトのご紹介

グリチルリチン製剤による肝炎治療

肝炎の治療方法の一種として、グリチルリチン製剤を使用する方法を挙げることができます。グリチルリチン製剤による肝炎治療の目指すところは、肝炎が悪化してしまうのを抑制して、現状より肝細胞が壊されないようにすることです。

 

連日のように注射を行うと、効き目があれば2週間くらいで肝機能の数値に低下が見られます。なお、直接的にウイルスに攻撃を加えるわけではありませんから、ウイルスの量を少なくする効果は大したことがありません。

 

しかし、免疫力や肝機能を高めたり、体の中でインターフェロン合成を進める効果が期待できます。このような特徴を持つことから、インターフェロン療法で効果が得られなかった人や、副作用によりインターフェロンを選択不可能な人、肝硬変の患者、高齢者などに採用されることになります。

 

また、グリチルリチン製剤による肝炎治療においても、気を付けなくてはいけないことがあります。気を付けるべきこととしては、副作用を挙げることができます。

 

どのような副作用が起こるのかというと、血液中のカリウムが低下すること、血圧が高まること、むくむこと、発疹が出ることなどが挙げられます。

 

他の治療方法もそうですが、グリチルリチン製剤を用いる肝炎治療においても、副作用次第で治療をストップしなくてはいけないことがあります。そのため、少しでも体に異変が起こっていると察知したら、様子を見るなどの勝手な自己判断をしないで医師に話しましょう。

 

C型肝炎ウイルスの感染経路

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスにより引き起こされる病気なのですが、感染経路はどうなっているのでしょうか。
日本国内において多い種類なので、このことが気になっている人は多いでしょう。
ずいぶん前にこの情報を得ているという人は、現在は事情が変わっているということをご存知ないかもしれません。
そのため、確認の意味も込めて、今のC型肝炎の感染経路というのを確認しておくと良いでしょう。
また、これまでのC型肝炎の感染経路として多かったものが分からないという人もいるでしょうから、まずはこのことから解説していきます。
以前、多かったC型肝炎の感染経路というのは、輸血だったのです。
1990年あたりの時代は、感染の8割程度の原因が輸血にあったといわれています。
ですが先述のとおり、今でもそれがそのまま当てはまるかというと、そうではないのです。
というのも、今では輸血が原因となる感染はほぼ見られないという状況に変わっているからです。
現在、一番多くなっている感染経路は、違法薬物を用いる際の注射針を共用するということです。
ちなみに、性行為が原因となる感染や、C型肝炎に感染した状態の妊婦から誕生した子供への感染というのは、非常に珍しいといわれています。
また、アルコール性肝障害を抱えている人は大抵、C型肝炎を引き起こします。
しかしながら、それがどうしてなのかということまでは明らかになっていないようです。
なお、健康な人の中には、数は少ないものの慢性C型肝炎のキャリアがいるといわれています。

D型・E型肝炎ウイルスの感染経路

D型肝炎というのは、B型のウイルスに寄生するD型肝炎ウイルスによって引き起こされる疾患です。
ここではまず、D型肝炎の感染経路から取り上げていきますが、どのようなものがあると思うでしょうか。
D型肝炎の感染経路のひとつとしては、違法薬物(ドラッグ)に関することが挙げられます。
違法薬物には注射針を使用する類のものがありますが、この注射針を共用することが感染経路となっているのです。
しかも、この注射針の共用は、D型肝炎の感染経路としては一番多いといわれています。
なお、発症は単独ですることなく、B型肝炎ウイルスと共に感染するか、B型肝炎のキャリアに感染する形になります。
次にE型肝炎の感染経路について触れていきますが、どのようなものがあるというのでしょうか。
ちなみにE型肝炎は、E型肝炎ウイルスにより引き起こされる疾患です。
これについて、E型肝炎というのは経口感染、便を介するというのが代表的となっています。
便を解する経口感染というとA型肝炎ウイルスをイメージする人もいるかもしれません。
A型肝炎ウイルスと同じように飲料水などを媒介として広がる場合がありますが、日本国内で流行するというよりは、国外で流行することが多くなっています。
もう少し具体的にいうと、開発途上国だけでしか流行しておらず、主にはアフリカ、インド、ネパールを挙げることができます。
なお、D型肝炎、E型肝炎のいずれにもいえることですが、日本国内では相当に珍しい種類の疾患として位置付けられています。