ウルソデオキシコール酸による肝炎治療

有名サイトのご紹介

画像3
詳しい情報はこちらから


ウルソデオキシコール酸による肝炎治療

肝炎治療の方法は色々ありますが、中にはウルソデオキシコール酸による治療方法というものがあります。まず、このウルソデオキシコール酸についてですが、これは経口薬であり、科学的に漢方薬の熊胆の合成を行った胆汁酸製剤のことをいいます。

 

熊胆はくまのいと読むのですが、これは昔から漢方医療において胃腸薬として使われてきているものです。効果としては、胆汁の分泌を促して、脂肪の消化や吸収をサポートすることにより、胃腸機能を良くします。

 

それから、肝臓の血流を多くすることによって、肝細胞を守る効果もあり、肝機能の数値を低くします。ただ、このウルソデオキシコール酸には抗ウイルスの働きは期待できないといわれています。

 

ちなみに、効果の出方に関してですが、B型肝炎の患者と比較して、C型肝炎の患者のほうが高い効果が望めるということが分かっています。このように、肝炎治療に活躍してくれるウルソデオキシコール酸ではありますが、副作用には注意する必要があります。

 

副作用としては、どの程度の頻度で起こるのかは明かされていないものの、間質性肝炎が起こり得ます。また、これ以外の副作用としては、発疹、嘔吐、悪心、下痢などが引き起こされるといわれています。

 

どのような副作用が起こるかという状態次第で、この肝炎治療をやめなくてはいけないこともあります。ですから、体調がちょっとでもおかしいと思った場合には、そのままにすることなく医師に伝える必要があるでしょう。

 

肝炎ウイルス検査について

肝炎ウイルスの検査を受けたいと思っているものの、詳細が分からなくて困っているという人もいるのではないでしょうか。
ここでは肝炎ウイルス検査について触れていきますので、どこで受けられるのか、費用はかかるのか、どのような検査方法がとられるのかということを確認しましょう。
まずはじめにどこで受けられるのかということについてですが、これには全国に設置されている保健所、指定医療機関を挙げることができます。
ただし、通常の健康診断の場合、B型肝炎ウイルスの検査が入っていないことが少なくありませんので、所属している健康保険組合などから詳しい情報を得る必要があるでしょう。
次に、肝炎ウイルス検査にいくらかかるのかということについてですが、これは無料で受けられることになっています。
しかし、これは原則としてという話で、自治体ごとに無料で検査を実施している期間が違っていたり、検査の費用を一部支払う必要があったりします。
なお、この辺の具体的な情報は保健所に相談すると分かりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
そして、最後にどのような検査方法がとられるのかということについてですが、血液検査を実施し、見極める形になります。
検査と聞くと時間がかかったりと何かと面倒なイメージがあるかもしれませんが、肝炎ウイルス検査の場合はこのような問題がありません。
というのも、肝炎ウイルス検査の際に行われる採血は、短い時間で終わるからです。

肝炎ウイルスに感染していたら

肝炎ウイルスの検査を受けることにより、自分が感染していることが判明した場合、そのあとのことが不安でしかたないという人もいるのではないでしょうか。
まず、肝炎ウイルスに感染していた場合、肝臓の状態には個人差があるということを知っておく必要があります。
そのため、何より先に専門医に頼るということが重要になります。
治療方法に関してですが、そのひとつとしてインターフェロンと呼ばれる薬剤を挙げることができます。
インターフェロンはウイルス性肝炎の主要な治療方法であり、免疫系や炎症の調節などに働きかけて有効性を発揮します。
なお、このインターフェロンを用いる治療方法は、ウイルス性肝炎を根治することが可能となっています。
B型肝炎は3割くらいの患者が、C型肝炎は5〜9割くらいの患者が、治療効果を望むことができます。
この他、核酸アナログ製剤による治療方法もあり、これはB型肝炎ウイルスのDNA合成を妨げる役割を果たし、ウイルスの増殖を防ぐ有効性を発揮します。
効果のほどについては、ウイルス量や遺伝子型などにより変わります。
ちなみに、現状において国と都道府県では、これらの治療方法を受けるに際して負担する医療費が助成される制度を用意しています。
この医療費助成制度は、世帯の所得に従って、月当たりの医療費を軽くするというものになります。
詳細を知りたいという人は、都道府県や保健所に相談すると情報を得ることができるでしょう。

page top