小柴胡湯による肝炎治療

有名サイトのご紹介

小柴胡湯による肝炎治療

肝炎の治療方法と一口にいっても様々な種類がありますが、そのうちのひとつとして小柴胡湯による治療方法を挙げることができます。小柴胡湯はしょうさいことうと読み、全部で7種類の生薬を処方した漢方薬のことをいいます。

 

7種類の生薬というのは、柴胡、黄ごん、大棗、半夏、生姜、天草、人参のことを表し、それぞれさいこ、おうごん、たいそう、はんげ、しょうきょう、かんぞう、にんじんと読みます。

 

これらのうち、紫胡、人参に備わっているサポニンと呼ばれる成分にはステロイド様の効果があって、細胞膜を守ったり、抗炎症効果、抗アレルギー効果などがもたらされるため、慢性肝炎の治療に選択されています。

 

小柴胡湯による肝炎治療の目指すところは、肝炎を抑制して肝機能を良くし、ASTやALTの数値を下げることにより、病気の悪化を鈍らせるということです。また、この小柴胡湯を使用することでの肝炎治療では、気を付けなければいけないことがあります。

 

そのひとつとしては、使用が認められない人がいるということが挙げられます。たとえば、肝硬変の患者、肝がんの患者がこれに該当します。

 

また、インターフェロン療法と一緒に取り入れることも許されていません。もしこれらに該当する人が小柴胡湯による治療をすると、間質性肝炎を招いてしまうリスクがあります。

 

このような理由があることから、使用が認められていないのです。

 

それ以外に、腹痛、下痢、発疹、食欲不振、悪心、嘔吐などの副作用が引き起こされる場合があり、状態次第では治療をストップする判断が下されることになります。

 

自分の状態に注意し、異変が起きたらすぐに医師にそのことを伝えましょう。