肝炎の検査方法について

有名サイトのご紹介

肝炎の検査方法について

肝炎の検査方法について、どのような種類があるのか知りたいという人もいるでしょう。肝炎の検査方法は大きく分けると、血液を採取して成分をチェックする検査、超音波やCTなどを用いてチェックする画像診断、肝臓の細胞を採取してチェックする肝生検の3種類が挙げられます。

 

まずはじめに血液検査についてですが、この方法により、肝臓の障害が肝細胞に問題があることで引き起こされているのか、胆石などにより胆汁の流れに問題があることで引き起こされているのかのいずれに該当するのかという原因を究明することができます。

 

そして、この検査により血液中の成分が正常な範囲と照らし合わせてかなりの増減が確認されると、肝臓自体にトラブルが発生していることが明らかになります。ちなみに、肝炎ウイルスに感染している可能性がある場合には、ウイルスマーカーの検査も実施します。

 

次に画像診断についてですが、代表的な検査は超音波、CT、MRIとなります。これらの検査方法からは、肝臓の形状や大きさ、血管の様子、腫瘍があるかどうかを確認することが可能となっています。

 

そして肝生検についてですが、この頃は血液検査や画像診断が発展してきているので、この方法がとられる例は少なくなっています。しかしながら、確定診断をするという場合には肝生検が不可欠となります。

 

肝生検というのは、針を肝臓に刺すことにより組織の採取を行い、採取した組織を顕微鏡で調べて診断をするという方法です。この検査方法を実施するにあたっては麻酔を使用するため、痛みを感じることはないのですが、肝臓にダメージを与えるため、検査が完了したら安静にしていることが要求されます。

 

 

 

 

劇症肝炎

劇症肝炎は、急性肝炎のごくわずかな人が招くとされています。
初期症状は急性肝炎と変わらないのですが、通常の急性肝炎では、黄疸が認められるようになって1週間も経過すると自覚症状が軽くなります。
これに対し、劇症肝炎は悪化の一途を辿り、肝性脳症と呼ばれる意識障害が引き起こされます。
症状に関しもう少し具体的に説明すると、初期症状としては発熱、吐き気、だるさなど風邪に似た症状や黄疸を挙げることができます。
それから、劇症肝炎の続発症状としては、意識障害を引き起こす、肝性昏睡に陥る、脈拍が激しくなる、呼吸が荒くなる、表情が乏しくなる、鼻血や歯肉出血といった出血傾向を示すというのが代表的です。
はじめの症状が引き起こされてから8週間以内に肝性脳症が認められて、さらに肝機能の指標の一種で健康な状態の人を100%とするプロトロンビン時間が40%以下になると、劇症肝炎ということになります。
なお、肝性脳症が初期症状が引き起こされてから10日以内に認められるものを急性型、このあとに認められるものを亜急性型と呼びます。
また、劇症肝炎は感染症、腎障害、消化管出血、脳浮腫など深刻な合併症を招くことが珍しくありません。
多臓器不全の様相を呈しているため、治療は命を守ることを重視した全身的な方法になります。
ちなみに、劇症肝炎は非常に恐ろしいもので、肝臓病の中でも群を抜いて命を落とす確率が高いと指摘されています。
具体的な数値を示すと、7〜8割の人が命を落としているとされています。